月別アーカイブ 2015年10月

シトルリンとアルギニンはどちらを摂取しても効果は同じ?違う?

アルギニンとシトルリンは共に同じアミノ酸の一種で、もとは同じ成分ですが、アミノ酸の構造が違うことで分けられています。

人間の体内では合成できずに、食事などの外部から摂取する必要のあるアミノ酸のことをよく「必須アミノ酸」と呼びますが、体内で合成できるアミノ酸を「非必須アミノ酸」と言います。

アルギニンは非必須アミノ酸に分類され、食事からでも摂取することが可能とされます。逆にシルトリンは人間のタンパク質を構成する20種類のアミノ酸から外れた「遊離アミノ酸」とされ、よく聞くオルニチンなどもこの遊離アミノ酸の一種とされます。

どちらのアミノ酸もサプリメントとして健康食品などの使用を認められていて、体の機能改善など多くの効果を生み出すとして利用されています。

シトルリンには体内で一酸化窒素(NO)の生成を高めて血管を拡張する作用があり、血流を良くすることで、冷え性、肩こり、むくみ改善や筋力増強といった効果をもたらすとされます。

また血液の通りが良くなることで老廃物が多く流れ、血管年齢にも良いとされ、老化や酸化を防ぎ、新陳代謝の活性化や美肌作りにも役立つ効果が期待されています。

シトルリンとアルギニンには密接な関係があり、体内での作用は、この2つのアミノ酸が交互に変換されて働いています。シトルリンを体内に摂取すると遊離アミノ酸として全身に行き渡りアルギニンへと変換され、再び一部のアルギニンがシトルリンへと変換されます。

そのためサプリメントでどちらのアミノ酸を摂取すればいいか考える場合、吸収率の良いシルトリンを摂取することになります。アルギニンは吸収率が悪く経口摂取しても4割程度しか一酸化窒素サイクルに利用されず、残りの6割は尿などに混じって排泄されてしまいます。またアルギニンの過剰摂取は腎臓にダメージを与える要因になるため、摂取量には注意が必要になります。

血管拡張効果のある一酸化窒素サイクルにおいて、アルギニンは少しの量しか使われず、シトルリンの方が大量に消費されることからも、吸収率の良いシトルリンを含んだサプリメントを摂取して、アルギニンを体内で変換してもらうのが良いとされています。

この記事を読む

シトルリンサプリはいつ飲むのが効果的?タイミングは?

サプリメントを服用する機会は、一日の中で吸収が高まる時間が最適といえます。

午前中は、体の機能を目覚めさせる時間帯ですが、朝食後は胃腸の働きが活発になるので、サプリメントの服用に適しています。空腹時の服用は、胃に負担をかけてしまいますが、朝食後なら問題なく飲む事が出来ます。午前中の時間帯は、体が十分に目覚めていない場合が多く、体の機能を十分に活用する事が難しくなります。

しかし、朝食後は例外で、一日のエネルギーを吸収する為に代謝が高まる時間です。胃腸を傷める心配もないので、朝食を取るだけでサプリメントを服用する事は可能です。

運動直後は、発汗によって水分を求めたり、飲んだ水を効果的に吸収出来る機会になります。体の代謝が活発に機能が高まる時間帯は午後ですが、この時に運動を行えば、その後の水分補給やサプリメントが効果的に取り入れられます。

運動に適した時間は、日が傾く正午以降で、特に日が沈む夕方前の時間帯は最適なタイミングです。午前中の運動でも構いませんが、体の機能は十分に目覚めていないので、代謝を最大限に活かす事は出来ません。また、朝食後は消化時間が続くので、これも無理をしない方が良い理由の一つです。

無理のない運動と発汗であれば、代謝を早める効果があるので、朝食後に間を開けて軽く行えば大丈夫です。夕方の運動は午前中とは違い、積極的に発汗して代謝を高める事が大切です。昼食後は、夜食までに時間があるので、胃の消化が一旦落ち着けば直ぐに運動を始める事が出来ます。

朝食後の取り組みは、目覚めていない体を考慮する必要はありましたが、昼食後であればこの点を考える必要はありません。むしろ、積極的に取り組める時間帯なので、発汗を重視した激しいトレーニングも選択が行えます。発汗した時は、状況に応じて適時水分補給を行う必要があります。

夕食時は、不足した栄養を体が欲しがる時間なので、この時のサプリ服用は特に吸収率が高まる機会です。代謝が高まる時間帯の運動に加えて、発汗に対応した水分補給、そして栄養を吸収する食事の後がサプリメントにとって効果的なタイミングです。

この記事を読む

シトルリンには育毛効果もあり?その仕組みとは?

髪の毛が薄くなってしまった、と言うときにはさまざまな対処方法があります。発毛専門のクリニックに行ったり、生活改善を行うほか、血流を促して頭皮環境を整えることなども育毛や発毛には大切です。

食生活などの栄養素によって血流を促すこともでき、そのなかでも積極的に摂りたいアミノ酸がシトルリンです。シトルリンは体内で一酸化窒素を生成して、血管を柔軟にして拡張させる効果があります。つまり全身の血管が柔軟になることによって動脈硬化の予防などにも繋がります。

また、シトルリンはアルギニンというアミノ酸も作り出します。血管を柔らかくして健康になる効果だけではなく、アルギニンによって作られる成長ホルモンの生成やその働きのサポートをします。このような成分の働きによって血流の流れが良くなったりホルモンの生成が促されることによって育毛することができるようになります。

このシトルリンが含まれている食品ですが、スイカやメロンなどの瓜類に多く含まれています。しかし、食品で多く摂るのは難しいためサプリメントで摂取することもできます。サプリメントは男性機能向上に良いとされており多くの種類が出てきています。
シトルリンの含まれたサプリメントを摂取するのと同時に、髪の毛の育ちやすい頭皮環境を整えたり生活習慣や食生活を行なっていくことも発毛を促します。

頭皮環境を良くするには低刺激なシャンプーで正しい洗髪を行ない、血流をより良くするために頭皮マッサージを行ないます。食事も頭皮の毛穴を皮脂で塞いでしまわないために、脂質や糖質の多い食事は避けて野菜を中心としたメニューにしていくことをおすすめします。

また、血流を促すためにも老廃物を排出するためにも適度な運動を行ない、薄毛の原因となってしまう過度のアルコール摂取やタバコを控え、発毛を促すためにしっかりと睡眠時間を確保することによって抜け毛や薄毛を予防し、太く長い髪を作っていくことができるようになるのです。

この記事を読む

シトルリンは狭心症予防に効果的?狭心症の症状と原因についても

狭心症は心臓の筋肉に酸素を供給する冠動脈の異常によって起こる症状で、胸を締め付けられるような痛み、苦しみが起こるのが特徴です。動脈硬化、攣縮などによって血液の供給が不足し、胸部圧迫感など心臓のみならず胸全体が漠然と痛みや苦しみが発生するため、発症した時は手のひらで胸全体を苦しみから抑える動作をします。

その他、胸以外に喉の圧迫感や下顎、上肢にも痛みやしびれが発生します。また同じように冠動脈の閉塞によって、血流が完全に止まり、心筋が壊死してしまった場合には心筋梗塞と呼びます。狭心症は動脈硬化などで心臓への負担が大きいものの、完全に止まるわけではないのが特徴となります。動脈硬化や攣縮以外にも、血圧が不安定になるストレスも狭心症の原因となっています。

もともと血の巡りが悪くなるのが原因とされるため、シトルリンの血管に作用する効果は高いとされています。

スーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンは、遊離アミノ酸の一種として、体内の様々な場所に存在しています。役割としてはタンパク質を構成するためのアミノ酸が不足したときに補填するためのものです。またシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない、一酸化窒素(NO)を産出する役割があります。

この一酸化窒素は人体に非常に有利に働く物質で、動脈内に入り込んだ一酸化窒素は異物として流れ、それを感知した体が異物を早く排出しようとして血管を拡張させます。そのためシトルリンを摂取することで、血管を拡張し冠動脈の閉塞を抑え、狭心症の予防となるのです。この拡張作用は高血圧改善や動脈硬化の改善など、血管の老化が原因の様々な病気を根本的に改善する効果があります。

本来の治療ではシトルリンよりもニトログリセンなどの硝酸薬が最も効果が出るため、一酸化窒素の生成および血圧改善として処方されています。しかしシトルリンはサプリメントでも手軽に入手することができるので、治療薬ではなく予防薬として摂取すると良いとされています。ただしストレスなどの生活に関わる問題は、シトルリンでは解決できないので、予防をするにはサプリメントだけでなく、生活習慣やストレスのない生活を送る必要があります。

参考・・・シトルリンサプリ人気ランキング『最新版』シトルリンの効果・副作用

この記事を読む

シトルリンには血管を拡げて動脈硬化予防効果がある?

シトルリンを摂取することにより、体内に一酸化窒素が作り出されて血管が拡張されます。これによって、血液の循環がスムーズになりますので冷え性を改善してむくみを防ぎ血管年齢を低くすることができます。

一酸化窒素により血管が拡がることにより、動脈硬化を予防する効果があるといえます。

冷え性やむくみというものは、血管年齢が若くなればよくなることが多いです。ただし、シトルリンを摂取したからといって直ちに効果がでるわけではありません。血液循環が改善されるまでには、ある程度時間がかかります。血管年齢によっても変わりますが数カ月程度はかかるとみておいたほうがいいです。

シトルリンそのものには副作用はありませんが、過剰に摂取してしまうと体に負担がかかることもありますので、適量を毎日摂取するとよいです。血管年齢は、何もしなければどんどん高くなっていきます。放置しておけば、動脈硬化になるリスクも当然高くなります。

シトルリンを摂取して、体に必要な一酸化窒素があれば動脈硬化だけではなく、冷え性を悪化させずに済ませることができます。血管が丈夫であれば、老廃物などもきちんと流れますのでむくみになりにくくなります。

年齢を重ねれば、血液循環などは悪くなってしまいがちですが必要な栄養素を摂取すれば改善することが可能です。

血液循環が悪くなってくると、疲労がたまりやすくなり疲れがとれにくくなることが多くなります。血管年齢が高くなっていますので、血管を拡張させる必要があるといえます。

シトルリンは、現在様々な方法で摂取することができますので毎日摂取することは難しくありません。疲労だけではなく、冷え性がひどくなったり、むくみがよくおきるようになってきたならば血液の流れが悪くなっている可能性が高いです。

血液循環が問題なくできていれば、年齢に関わらず体調がよく病気になるリスクを減らすことができます。シトルリンには、動脈硬化を予防して血管年齢を若くしてくれるものですから、年齢に関わらずに摂取しておきたいものになっています。

この記事を読む

▲ページトップに戻る