月別アーカイブ 2015年11月

シトルリンには筋肉痛軽減など運動パフォーマンスを上げる効果あり?

シトルリンを摂取することで運動をした時の乳酸値の上昇を低下させることが確認できています。

乳酸値は運動し続けることで上昇していきますから疲労軽減ができ、持久走に特に効果を発揮すると言われ、マラソンに重宝されることが多いでしょう。

最近ではシトルリンの効果が知られ、それを得られるのが定着しつつありますので海外のアスリートにとって日常的なものになりつつあるのです。

シトルリンを運動する前に摂取することで運動能力を向上させるだけではなく、その後も筋肉痛などの疲労軽減にも役に立ちます。

実際に行なわれた試験によりますと、シルトリンを摂取してベンチプレスを行なったところシトルリンを摂取していない場合よりもベンチプレスを上げる回数が増え、筋肉疲労も軽減されたことが報告されており、運動能力と疲労軽減に役に立つのが科学的に判明しています。

このことよりマラソンなどの持久走だけではなく、乳酸値が溜まりやすいスポーツには適用できる成分になりますので、これからアスリートにとって欠かせないものになるのではないでしょうか。

そして、もう一つ気になるのがシトルリンの副作用です。

シルトリンを摂取することにより、アスリートにとっても大切な運動能力をサポートすることができますが、短期的な摂取はスタミナ切れを引き起こします。

これはシトルリンを摂取することで消費エネルギーが多くなり代謝が増加している証拠であり、継続的に服用して安定させる必要があります。同じような理由で汗が掻きやすくなりますから定期的な水分補給は欠かせないでしょう。

また血流が良くなるとも言われていますから激しい運動をすることにより、血流が良くなり、そこに副作用が加わると身体の負担が増加したり、頭痛を誘発したりする可能性があります。

このような副作用がありますが、安全を確認して摂取すれば運動能力を向上できるので素晴らしいものと言えるでしょう。これからのスポーツにとってシトルリンは欠かせないものなのです。

この記事を読む

シトルリンを多く含む食品と含まれているシトルリン量について

体内のアミノ酸は長くつながり、タンパク質と言う形で存在して、内臓や筋肉などを構成していますが、シトルリンは必要な時にすぎ働けるような遊離のアミノ酸として、細胞や血管をめぐりながら存在しています。

その働きは血管をしなやかにし、血流を改善します。それはシトルリンが一酸化窒素(NO)を発生し、このNOが体内の酸素の運搬量を上げ、酸素を効率的に利用できるようになるからです。

血管が拡張して、血流がふえていますので、糖や脂質の運搬量が増えす。またNOは血管から組織への糖の取り込みをアップします。

また、疲労物質の一つはアンモニアで、シトルリンは運動時のエネルギー生産の時に発生するアンモニアを除去する働きがあります。シトルリンの血流改善作用によりむくみや末梢血管の血行不良が原因で起きる冷え性の改善にも役立ちます。

さらに、シトルリンは、皮膚の胆力やはりやつやにかかわる天然保湿因子を構成するアミノ産の一種でもあります。
このような効果のあるシトルリンは、健康や美容のために摂取する効果があります。

シトルリンはスイカから発見された物質ですので、まずシトルリン量が多い食物は、スイカです。スイカ100gのシトルリン量は約180mgです。

シトルリンの効果を実感するのに、必要なシトルリン量は1日800mgです。この量を摂取するには、大体1日7分の1個のスイカを食べる必要があります。

その他ウリ科の植物にシトルリンは多く含まれ、メロン100gに50mg、冬瓜100gに18mg、きゅううり100gに9.6mgニガウリ100gに16mg含まれています。1日800mgのシトルリンを摂取するには、スイカ7分の1個、メロン1.3個、冬瓜3.8、胡瓜56.5本、ニガウリ24.2本となります。

食事だけから摂取するのはスイカやメロンでは、まだ可能ですが、これも季節性のある食物ですし、正直厳しい量ですので、上手にサプリメントを利用するのも選択肢の一つです。

この記事を読む

▲ページトップに戻る