シトルリンには筋肉痛軽減など運動パフォーマンスを上げる効果あり?

シトルリンを摂取することで運動をした時の乳酸値の上昇を低下させることが確認できています。

乳酸値は運動し続けることで上昇していきますから疲労軽減ができ、持久走に特に効果を発揮すると言われ、マラソンに重宝されることが多いでしょう。

最近ではシトルリンの効果が知られ、それを得られるのが定着しつつありますので海外のアスリートにとって日常的なものになりつつあるのです。

シトルリンを運動する前に摂取することで運動能力を向上させるだけではなく、その後も筋肉痛などの疲労軽減にも役に立ちます。

実際に行なわれた試験によりますと、シルトリンを摂取してベンチプレスを行なったところシトルリンを摂取していない場合よりもベンチプレスを上げる回数が増え、筋肉疲労も軽減されたことが報告されており、運動能力と疲労軽減に役に立つのが科学的に判明しています。

このことよりマラソンなどの持久走だけではなく、乳酸値が溜まりやすいスポーツには適用できる成分になりますので、これからアスリートにとって欠かせないものになるのではないでしょうか。

そして、もう一つ気になるのがシトルリンの副作用です。

シルトリンを摂取することにより、アスリートにとっても大切な運動能力をサポートすることができますが、短期的な摂取はスタミナ切れを引き起こします。

これはシトルリンを摂取することで消費エネルギーが多くなり代謝が増加している証拠であり、継続的に服用して安定させる必要があります。同じような理由で汗が掻きやすくなりますから定期的な水分補給は欠かせないでしょう。

また血流が良くなるとも言われていますから激しい運動をすることにより、血流が良くなり、そこに副作用が加わると身体の負担が増加したり、頭痛を誘発したりする可能性があります。

このような副作用がありますが、安全を確認して摂取すれば運動能力を向上できるので素晴らしいものと言えるでしょう。これからのスポーツにとってシトルリンは欠かせないものなのです。

▲ページトップに戻る